気づかないうちに・・・・・

自慢にも なりませんが・・・・・・・・・

グレース・・・・・・・いつもぎりぎりの生活です・・・・・・・・・

まぁ しっかりと遊んでもいるし・・・・・・

頑固なおばさんでもあるので なかなか変えたほうが良いことでも

なかなか変えられず 改善が進まなかったりで

グレース@ママ自身の考え方の改善が1番の課題かもしれませんが

つい 自宅サロンという甘えもあって

お気楽なままで 暮らしています・・・・・・・・

そんなグレースですから

グレース@ママ1代で跡継ぎは 必要もないよね~~~~~って思っているのですが

グレース@ママが 仕事を辞めた時

グレースに来てくれたお客様は 次のお店をまた探さなくちゃいけないから

大変だろうなぁ~~~~って最近 ふと思ったりします・・・・・・

だったら やっぱり 誰かにグレースの気持ちを引き継いでくれる人に後を託したほうがいいのかなって

そう思ったりもします・・・・・・・・

で・・・・・・グレース@ママには2人の娘がおりますが・・・・・・

2人ともこの業界で 生きておりますが

上の娘ときたら 母の仕事は趣味の延長とほざき

はなから 母のグレースを 小馬鹿にしております・・・・・・・・

じゃあ 下の娘はというと 上の娘と同じ会社に勤め

同じように 店舗の店長という立場で 働いているので

母の仕事とは比べものにならないくらいの金額の仕事をこなしている・・・・・・・・

で・・・・・・先日 下の娘と電話で話したのは

やはり 大きいところで 動かすお金の違いを経験していると

その達成感が 彼女のやりがいにもつながっていってるようだ

それに喜びを感じているならね・・・・・・・・・

やっぱり グレースは グレース@ママの店として始まり 

グレース@ママのお店として 終わっていくのかな・・・・・・・・

あっ・・・・・・言っておきますが

まだまだ グレース@ママ 仕事 辞めませんよ~~~~~~

あと少なくても15年は 頑張るつもりですから ご心配なく~~~~~~~

ちなみに グレス@ママ、56歳から30年間強運期だと言われた強者ですので~~~~~~

あっ・・・・・・・誰も心配などしていない・・・・・・こりゃまた 失礼しました・・・・・・・・




チョコとチロルくんが グレースに来てくれました

チョコ731
チロル731

ありがとうございました





グレース@ママの昔の教え子が 久しぶりに遊びにきてくれました

彼女はグレースの繁殖を引退した子を2頭 家族にしてくれたんですが

そのうちの1頭を 里帰りを兼ねて グレース@ママに見せに来てくれたのでした

もう16歳で目も耳も聞こえないミストですが 会えて嬉しかったです

ミスト81

会いに来てくれて ありがとう・・・・・・・・・





しおこさんの実家のレイラちゃんが 来てくれました

レイラ81

あいかわらず 人の良さというか・・・・・優しさと気の良さが雰囲気にあふれてるレイラちゃんです

ありがとうございました




ちい家のちいくんとまーくんがシャンプーにきてくれました

あちゃあ~~~~~~写真撮るの 忘れたぁ~~~~~~~

ごめんちゃい

前の写真ですが・・・・・・・

ちいくん38
まーくん318

ありがとうございました






年はくってますが・・・・・・

まだまだ グレースは グレース@ママと共に

成長期上昇中のお店です

グレースの成長を 見守ってね~~~~~~~~~~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

グレース@ママさんへ
私ももし辞める時が来たらと思ったら、そろそろ新規のお客様を
いつの時点で断らないといけないのかな?と考えた事あります。
ママさん15年頑張るの?
私は後10年は頑張らなきゃなって考えてたのに。
ス・・・スゴイ(笑

ミルパパママさんへ

いやいや、ミルママもあと15年は大丈夫でしょう(笑)
グレースオリジナルショップ

仔犬のことならALFA21

FC2カウンター
プロフィール

グレース@ママ

Author:グレース@ママ
40頭あまりの犬たちと格闘する
グレース@ママです。
小型犬のブリーダーでトリマーで
痩せるという言葉に弱い
9号サイズにあこがれる
アラ還暦のママです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク