美味い

二度目ましてのレモンちゃんがグレースに来てくれました

優しいパパとママが見守るなか 頑張りました

レモンちゃん124

お手入れが終わったあとは 家族揃ってのランチかな

頑張ったご褒美に レモンちゃんも 美味しいうまうま 食べたかな

ありがとうございました



同じく二度目ましてのルパンくん

今日はアーユルヴェーダーパック入りシャンプーをチョイスしていただきました

ルパン124

写真を撮り忘れてて 帰る前に慌てて撮った写真・・・・・・

ありがとうございました



初めましてのプーマくん

お母さんのご要望は 耳としっぽの毛は切らないで でした

身体の毛も半分残すということで あまり短いカットは お嫌いなようです

はじめは緊張してたプーマくん

帰るころには ずいぶん慣れてくれました

プーマくん

ありがとうございました




夕方にメールがあって ブログ友達のemiさんが

ゼオカルOHを買いに グレースに来てくれました

わざわざ こんなお土産まで・・・・・・・

ドライプレミアム

やっぱ・・・・・・・・・・

美味いわぁ~~~~~~~~~~~~



ちょっと見つけた記事

興味のない人はスルーしてね

殆どの写真が50歳以上という会社の社長さんに聞いたお話


私 「若手が全くいない会社にご訪問するのは 初めてです。」

社長 「そうでしょう。 他にはあまりないと思います。」

私 「なぜ 若手が全くいないのですか?」

社長 「カンタンですよ。採用していないからです。」

私 「採用していない・・・・?」

社長 「そうです。ウチでは50歳以上の人しか採用しません。」

私 「・・・・・・・・」

社長 「不思議ですか? 普通に考えればそうですよね。でも 採用にはちょっとした基準があるんです。」

私 「どんな基準ですか?」

社長 「人生を変えたい、と言う人だけを採用しています」

私 「50歳以上で かつ人生を変えたい人、といことですよね・・・?変わってますね。」

社長 「そうでしょう。普通は「人生を変えたいなら、若いうちにやらないといけない」って言われてますからね。

    でも 人生を変えるなんて、誰でも いつでも出来るんです。」

私 「・・・・・ぜひ そのお話、聞かせていただけないですか?」

社長 「いいですよ。」

社長 「安達さん、私は社員にいつも言ってるんです。

     人生を変えるには ほんのちょっとのことを知るだけでいいんだ、と。」

私 「はい。」

社長 「一つ目、人生を変えるのは、一発逆転の出来事ではなく、些細な日常の習慣です。

    「続けること」そのものに価値があります。たとえば、「早起きする」であったり

    「通勤時間に必ず本を読む」でも いい。仕事も同じです。電話を毎日10本する、であったり

    お客さんに心を込めてメールを書く、でもなんでもいいんです。

    とにかく、小さい習慣から人生は変わります。」

私 「でも、大きく変わらない気もしますが・・・・・・」

社長 「そう思いますか?電話を10本かけた社員は、トップ営業になりました。心を込めてメールを書いた社員は

    リピート率ナンバーワンです。2年もすれば、誰にでも自信が生まれます。」

私 「・・・・・・・・」

社長 「とにかく、何かを続けることが出来た、という実績が人生を変える第一歩です。」

私 「確かに・・・・・そうですね。」

社長 「二つ目、先ほどの習慣が意識せずに出来るようになったら、次の習慣に挑戦する。

    なんでもいいから、常に新しいことを始めることです。」

私 「なんでもいいんですか?」

社長 「本当に、なんでもいいんです。挨拶を欠かさないでも 9時を過ぎたら食事を慎む、でもいいんです。

    自分が前から気にしていたことをやればいいんです。」

私 「確かに・・・私もやりたいと思ってたこと 、あります。」

社長 「ここまで、だいたい皆5年かかります。でも皆、見違えるようになりますよ。」

私 「でも習慣を続けられない人もいるんじゃなですか?」

社長 「そのとおりです。そこで三つ目、一度挫折したら、次のものを設定する。無理して出来ないことを続けない

    失敗はそれ自体がノウハウです。習慣には自分に合うものと合わないものがありますから 無理はしない。

    重要です。先ほどの「電話をかけ続ける」という社員は、そこに辿り着くまでに二回ほど挫折してますよ。

    何か出来ない、ということについて、罪悪感を感じる必要は全くありません。

    「出来ないこと」がわかることは大事です。」

私 「なるほど・・・・」

社長 「四つ目です。決して他人のせいにしない、と言うことを守ってください。他人のせいにするといううことは

    自分の人生を自分で決めていないということです。」

私 「嫌いな上司のせいであっても?」

社長 「ハハッ、そうですね。仮に上司のせいであっても自分のせいであっても結果は同じですから、

    悩むだけ 時間の無駄でしょう?」

私 「・・・・・・・」

社長 「五つ目です。人に親切にする、ということを守ってください。」

私 「普通ですね。そんなでいいんですか?」

社長 「もちろん、大事なことです。すべての変化は、人に親切にすることから始まるんですよ。

    安達さんは、電車でお年寄りに席を譲ってますか?」

私 「む-・・・・・・。」

社長 「最後です、「人生を変えようと思った時点で、既に人生は変わり始めている」と思ってください。」

私 「・・・・どういうことでしょうか?」

社長 「50歳で人生を変えたい、という決意がどれほどのものか、安達さんに分かりますか?」

私 「相当の決意、ということでしょうか。」

社長 「そうです。だからこそ、私は50歳以上を面接する、そして 今の話に賛同していただいた方々だけを

    採用するのです。私はそうい方々をリスペクトしているのですよ。」





こんな話を聞くと 誰かがグレース@ママの背中を押してくれてるような気がする・・・・・・・

まだまだ 人生は長いと思うけど(笑)

自分が昨日より今日 今日より明日と成長していく姿を

感じられる生き方をしたいというのが グレース@ママの願い・・・・・・・

やっぱりって思うかもしれないけど・・・・・・・・

強欲なんです・・・・・・・あたくし・・・・・・・・・(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

グレースオリジナルショップ

仔犬のことならALFA21

FC2カウンター
プロフィール

グレース@ママ

Author:グレース@ママ
40頭あまりの犬たちと格闘する
グレース@ママです。
小型犬のブリーダーでトリマーで
痩せるという言葉に弱い
9号サイズにあこがれる
アラ還暦のママです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク